asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

胡桃と干し椎茸を煮る(日々迷路)

またもや、胡桃と干し椎茸を

醤油とみりんで甘辛く煮ました。

隣りでさっと茹でていたほうれん草も

ちょっとだけ放り込んで。


f:id:asanoomusubi:20190616155044j:image

 

胡桃は、ぽりぽりそのまま食べるのが好き。

パンやお菓子に入れるのも好き。

サラダやカレーのトッピングにも好きだけど、

煮物にするなんて

考えたこともありませんでした。

なのに、ここ最近はまっています。

煮た時の独特の歯ごたえが

なんだか癖になる。

 

はまっているのは私だけ、なのですが。。。

 

なんとなく心の中でくすぶっている

うずうずした気持ちがあって、

時間ができたら、言葉にして

したためたいなと思うのだけど、

ひょっこり訪れるすきま時間に

ふと机にむかってみたところで、

あんなに欲していたはずの静寂の中、

はじめの一文字さえ浮かんできやしない。

そして、束の間のような静寂は

夫とともに公園から帰ってきた

娘のけたたましい声でかき消され、

すきまはすぐに埋まってゆく。

 

ありがたいような、くやしいような。

あわただしいようで、ものすごく

このうえなく救われているような。

 

昨日、娘からつきつけられた課題。

迷路。


f:id:asanoomusubi:20190617054533j:image

すごっ!

と思ったら、作ったのは夫はでした^^;

夫にはそれってどうよと思うことは多々あるのだけれど、

なんだかんだで、

娘にとってはいい父親なのだと思う。

毎日、娘と怒声をぶつけ合っていますが。

 

さて迷路、、、

けっきょくゴールにたどりつかぬまま、

また月曜日。

 

日々、迷路。。。

小1娘にミッションをあたえる

土曜日の朝。外はじとじとと雨。

キッチンでパンを焼いている。

ホームベーカリーが。。。

 

 

学校と学童のことになると

口を閉ざしたり

はぐらかしていた娘が

最近ぽつりぽつりと

本音らしきものもきかせてくれる。

 

保育園のときに仲の良かった友達、

学校でも学童でも同じクラスで

あんなに大喜びしていたのに、

今は距離をおいているそうな。

 

「あそぼって言ってくるけど、

 やりたいことやらせてくれないねん。

 手紙をかいてって言ってくるし、

 塗り絵もこの色でって言ってくる」

 

イヤなことはイヤと伝えなよ

と言うともじもじする。

 

娘には、乗り越えてほしいことがけっこうある。

 

そこで、チェックリストをつくり、

ミッションとした。

 

□大きな声であいさつをする

□自分の気持ちを伝える

(イヤなことはイヤとつたえる)

□背筋をピンッとのばす

…………

 

9つのミッションをクリアしたら

Seriaでひとつ好きなものを買おう。

 

ものでつるってどうなのだろう

と思いながらも、

どうしても、Seriaさまさまになる。

 

娘は目をきらんきらん輝かせて、

ミッションカードをランドセルにしのばせた。

えっ、持ってくの?ときくと、

できたらすぐチェックしないと、と。

 

そうして、1週間でミッションをクリアしてきた娘。

 

友達にイヤな時はイヤって伝えて

どうだったかときくと、

怒ってた、と娘はケロッとこたえる。

「いつも怒るねん。すぐ怒るねん。

 そういう人生やねん」

と。。。(・・;

 

「そ、そうなんや。ママみたいやね」

ギクッとしてそう言うと、

「もっとすぐ怒る。パパくらい」

と。。。(;・∀・)

 

 

すぐ怒る人生・・・

き、気をつけよう。

 

 

かく言う娘も、家では

わがまま放題ですぐ怒り出す^^;

家族そろって怒りん坊。

私と夫のが伝染してるのだろうか。

き、気をつけよう。

 

 

ミッションカードは、あまりにも走り書き。

あまりにひどいからぼかしてみよう^^


f:id:asanoomusubi:20190615062212j:image

 

さて、パンが焼けました♪

あっ、雨がやんでいる。

 

胡桃のことを考える

いつも胡桃のことを考えている。

いや、胡桃とレーズンと娘のことを。

会社でも、通勤電車の中でも、

駅に向かう人混みの中でも、

胡桃とレーズンと娘のことばかり考えている。

 

そのことを伝えると、

娘は自分も自分もと乗り出すように

「ママと唐揚げとソーセージのことばかり考えてる」

と言いました。

 

なんだかんだあったって、

私たち親子の脳内は

ずいぶん呑気で食いしん坊です。

 

 

胡桃はいつも

レーズンと共に口に放り込みます。

胡桃の食感とレーズンの甘みが

口の中でからみあって、

絶妙のコンビネーション。

 

いつも一緒だから

瓶にも一緒に入れちゃいました。
f:id:asanoomusubi:20190613061732j:image

以前にもしていたのだけど、

保存方法としてどうなのだろう…と

いったんやめていました。

どうなんでしょう………。

でも、あっという間になくなるから

ま、いっか(⌒▽⌒)

 

またまたポチッとおしていた

どっさりの胡桃が届きました。

f:id:asanoomusubi:20190613062152j:image

これ、危険。

調子にのって食べすぎてしまう。。。

 

 

週末のお昼ごはんはつくりたての作り置きでつくる

日曜日のお昼ごはんの準備は、

作り置きと同時並行。

 

ばばばばばーっと、テキトウに

サラダごはん。

f:id:asanoomusubi:20190612040031j:image

つくりたてのトリムネの肉味噌で。


f:id:asanoomusubi:20190612040227j:image

 

ブレンダーでトリムネを挽いていると、

娘が必ずやってきます。


f:id:asanoomusubi:20190612040336j:image

家で惹くと、お財布に優しい。

たぶん体にも優しい(と思い込んでいる)。

 

トリムネ挽き肉と

たっぷりの野菜のみじん切りを

味醂と甘いお味噌で適当に炒め煮。

今回の野菜は、人参、玉ねぎ、小松菜。

本当はニラを入れるのが好きです。

 

我が家の定番のつくり置き。

 

卵4個に肉味噌をドバっといれて、

スキレットで焼いたオムレツ。

f:id:asanoomusubi:20190612040655j:image

作り置きを盛り付けてる横で

簡単にできあがるので助かります。

 

平日の晩ごはんのサブメイン、時にメイン。

テーブルにドンッとだします。

 

娘がとりわけると、

娘の分だけ巨大になります。

そう、娘は食いしん坊。

まったく、誰に似たんだか。。。

指一本でわくわくする

娘がわくわくしながらまわしたガチャガチャの

中からでてきたのはなぜかこれ。


f:id:asanoomusubi:20190610055506j:image

手品用品のようですが、

娘にも私にも、用途どおりに

うまく使いこなせそうにはありません。

 

毎朝、駅にむかう道すがら

数分間ご一緒する娘の登校グループの大半は、

にぎやかすぎる小学低学年の男の子たち。

もう毎朝ダジャレを言えってうるさくて。

 

この指でほっぺたつっついてやろうかって

娘に言うと、ニヤニヤニヤッて。

「なんやねん、これー」って

嬉しそうに気持ち悪がる

子どもたちの歓声を思い浮かべるだけで、

わくわくが、むくむくとわきあがります。

 

会社では、同僚が席をたったすきにf:id:asanoomusubi:20190610055453j:image

マウスにひょこっとおいてやろうかと。

わくわくが、じわじわとふくれあがります。

 

とりあえず、夫の朝食のお箸に。


f:id:asanoomusubi:20190610060243j:image

くくくっ(。>﹏<。)

 

指一本でわくわくしていた週明けの朝なのでした。

 

 

昨日に続いて、わくわくシリーズ。

 

で、それぞれの反応は…というと・・・

きかないで(ーー;)

わくわくする気持ちを思い出す

昨日の朝、

開きもせず積み重なっていた新聞から

金曜日の夕刊を引っこ抜き、

ベッドでまだ眠っている娘の横にすわりこみ、

家入レオのコラムを読んだ。

 

あっ、そうそうこの感覚

と、吸い込まれ、

あぁ、なるほど、こんなふうに表現するのか

と、感動し、

うん、そうなんだよね

と、共鳴し、

やがて、妙にわくわくしはじめる。

 

もやがかかったような心のうちを洗い出したような

しっくりとくる

言葉や表現に出会ったとき、

私の心ははじける。

 

そうか、こういうときに、

私はわくわくするんだった。

 

妙に高鳴る気持ちを指先にこめ、

まだ眠っている娘の足をつんつんつつくと、

娘は、んんんーっと邪魔臭そうに

寝返りをうった。

 

あまり聴いたことのなかった家入レオの曲を

スマホアプリでBGMにして、

キッチンに立つ。

 

冷凍していたホームベーカリー食パンを

トースターでこんがり焼いて、

日曜日の朝食。

f:id:asanoomusubi:20190610040824j:image

(手前の端はなかなか焼けない…)

 

たんまりたまった家事と2時間半の公園遊びに

追い立てられる

平和でにぎやかな日曜日の幕開け。

 

欲望を欲する

朝から体が重だるく、

どうにもこうにもやる気がでない。

やらなきゃいけない(と思いこんでいる)ことは

わんさかあるというのに。

娘の歯科受診を夫に委ね、

ソファーでぐたっと

午前中をやり過ごす。

 

時間の無駄遣い……しちゃったなぁ……

と、小さな罪悪感と焦燥感が波立つ。

 

はぁ。。。

 

時間がたりない、時間がほしい。

と口走るけど、

本当にほしいのは、

体力と気力。

そして、きらきらした欲望なのだ。

 

食欲だけはひといちばいあるけれど、

それとは少し違う、

食い意地 じゃない欲望。

上質な睡眠をといつも思うけれど、

それとはもっと違う、

わくわくするような欲望。

 

尽きることのない

娘の遊びへの欲望は、

それはそれはきらきらしている。


f:id:asanoomusubi:20190608115621j:image

レゴって小学生になってもまだまだ楽しめる♪

すごいなぁ。