asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

不格好に巻きつける

ゆるやかにはじまった今年2日目の朝。

 

朝ご飯と昼ごはんを兼ねて、

グリルでお餅を焼いて、

醤油をつけ、海苔巻きにする。

久方ぶりに出汁巻き卵を作ると

ひどく不格好にできあがった。

お節の横にどんっと盛りつけ、

いろんな角度から眺めてみる。

どこから見てもやっぱり不格好で愛らしい。

 

お腹がいっぱいになったので、

運動がてら、年末にやり残した

気になっていたところの掃除をした。

でっかいダブルベッドをよけて、

下の埃をすいとったり、ふきとったり。

すぐにぐちゃぐちゃになる

娘の衣類入れの中も。

 

年末に大掃除をしていると、

頼まなければなにもしようとしない

頼んでも6割ほどでなげだす夫に

いつもイライラしてしまうのに、

不思議なことに

年始はちっともイライラしない。

ソファーにふんぞり返って

駅伝とラグビーを交互に見ている夫にも、

You Tubeに釘付けになって

数日以内に「ただのガラクタ」と化す

厄介な工作を企てようとしている娘にも、

ちっとも腹がたったりしない。

入り交じるテレビとYou Tubeの音をBGMに

せっせと手と体を動かす。

 

掃除はエクササイズになる。

家も体も気分まで整えられるなんて最高。

 

なんて思えるのは、

自宅で過ごすお正月ゆえだろう。

ふだんは掃除は重荷でしかないから。

あまりに重くて、

一緒に抱えなさい

と、夫や娘を睨みつけてしまう。。。

 

午後、娘の縄跳びをもって公園に行く。

元日にはすーすーしていたけど、

ちらほらと

かけっこやボール投げや

立ち話を楽しむ人たちがいた。

広々とした公園で

それぞれのグループが距離を保って

それぞれの時間を過ごすお正月。

 

娘の縄跳びと砂への落書きを見守ったあと、

娘と夫の希望をのんで、

また神社の前まで足をはこんでみることにした。

少しでも並んでたらすぐ引き返すからね、

と念をおしながら、ちょっとした散歩。

神社はすいていて、

片手で数えられるくらいの

ご家族らしき人たちやカップルらしき人たちが

決められた一定の距離を保って順番を待っていた。

これならば、と

同じように距離を保って後についた。

すぐに順番がきて、

自分のお財布からお賽銭を取り出す娘を

感慨深い気持ちでみる。

大きくなったなぁ。

お祈りもひかえめに

ほんの数分で神社をあとにした。

「いっぱいお願いしたらお母さんに怒られるから、ふたつだけにした」

と、娘が言った。

 

帰りにまた

娘がガチャガチャをしたいと言う。

本当はお年玉をもって

ショッピングモールに行きたがっていたのを

コロナでこんな状況だから控えよう

と、私がとめたのだ。

文具屋さんや玩具屋さんに行くと

娘は長らく居座ってしまうに決まっている。

前日にしたばかりのガチャガチャは

既に興味を失せられ、

ただのガラクタになりかけてはいるものの、

ガチャガチャは

ガチャガチャまわすその瞬間もまた

わくわく楽しいのだ。

はいはい、どうぞどうぞ、ガチャガチャ

と、連日でガチャガチャに向かう。

 

道中、娘は3人のクラスメイトに会い、

嬉しそうに手をふっていた。

校区内で静かに過ごしているご家庭が

やっぱり多いんだな。

 

帰宅後、圧力鍋で2合分だけごはんを炊き、

キンパっぽい海苔巻きをつくる。

ごはんをしきつめすぎて、

さらに具をのっけすぎて、

巻き始めてからようやく、

1枚の海苔におさまらないことに気がつく。

もう1枚海苔を出して足りない部分を補い、

ぎゅうぎゅうと巻きつけると、

横からお肉や卵やナムルやキムチや

マヨネーズにまみれたグリーンレタスが

にょきにょきとはみ出してきた。

つまむとやたら美味しい。

さらにぎゅうっと強く巻きつける。

包丁を入れると、ぐちゃぐちゃになったので、

小さくカットするのをあきらめて、

どうにか3つ分にだけ切り分け、

デカデカとお皿におく。

2本目はごはんも具も控えめに作ったら、

包丁はすんなりはいったけど、

金時人参のナムルを入れ忘れていたことに

気がついた。

色合いが…

箸でつまんで差し込んでみるうちに

形がゆるやかにゆがんでいった。

 

不格好な海苔巻き。

3人でぼろぼろこぼしながら食らいついた。

 

 

白菜の味噌汁と

年末に鍋いっぱいにつくった筑前煮と

サラダと

お豆腐のチーズのっけ焼きと一緒に。

 

 

お風呂上がりにまた3人でドンジャラをした。

また娘と夫の接戦で、娘が逆転勝ち。

私だけがぼろぼろに負け、

娘と夫にバカにされているうちに

ゲームといえども気分に害が生じはじめたので、

さっさと片付け、さっさと寝室に移動した。

 

数分後となりに潜り込んできた娘と

少しだけ喋って、

少しだけそれぞれの本をめくってから、

早々と電気を消す。

すぐに娘の寝息がきこえてきた。

 

平和で不器用で

やっぱり贅沢な新年2日目の記録。

質素で贅沢なお正月をむかえる

夫と暮らし始めてから

はじめて自宅で迎えるお正月は、

質素で、おだやかで、こじんまりと心地よい。


f:id:asanoomusubi:20210102032126j:image

 

お雑煮に今年は

焼いたお餅を入れてみた。

ぷっくりふくれてくる焼き餅をみていると、

お醤油と海苔でも食べたくなって、

お雑煮とお醤油餅を同時に食べる。

 

娘はおやつと夜のデザートに、

きなこをふんだんにかけたきなこ餅も食べた。

 

混んでたら引き返そうね、と、

お散歩がてら

近所の神社に足をはこんでみたけれど、

少しだけ行列ができていたので、

お参りはやめて、

近くのドラッグストアのガチャガチャをやってから、

公園に移動した。

夫と娘が鬼ごっこをしているあいだ、

私はベンチで日向ぼっこ。

 

帰宅後、娘が録画していた映画をみている横で、

夫のシャツのボタンを縫うついでに、

カーテンの裾をちくちく縫った。

へんてこに仕上がる。

不格好なので近いうちに取り外そう。。。

 

 

夜、サンタクロースがとどけてくれた

鬼滅の刃ドンジャラをやって、

負け続ける。

毎回、娘と夫の接戦だ。

 

むかしから

ゲームも勉強もその他諸々も、

どこでどこをどんなふうに考えたらいいのか、

ちっとも分からない。

娘がはしゃぎながら考え込んでは

にやにやとぼやいてみせる様子を、

すごいなぁとながめながら、

私はやり過ごすように駒を動かす。。。

 

 

質素で、おだやかで、心地良いお正月。

へんな時間に眠くなり、

細切れにソファーでうとうとする。

贅沢だなぁ。

 

 

新年おめでとうございます。

 

大掃除で威張り倒す

こっちは朝早くからがやがやと

掃除に励んでいるというのに、

あっちはなんだってあんなに

こっちの物音など気にもとめず

まるで他人事みたいに

足を投げだして

スマホを見たり本をめくったり

ふんぞり返りつづけてんだ。

ふざんけんじゃねーよ。

 

なんて、

性懲りもなく夫を恨めしく思いながら、

冷蔵庫の下のネジをくるくるまわし、

でっかいそれを恐る恐る引く。

力を入れなくても

冷蔵庫はすーっと移動して、

私は裏側に入り込む。

あちこちにたまった埃を

歯ブラシでかきだす。

プラ製の敷物をはずして、

床と敷物と壁を雑巾で拭き上げると、

なんとも立派な大仕事を

ひとつ仕上げた気分になる。

で、また敷物をおき、

よいしょと冷蔵庫を押し戻す……

のだけど、

敷物の端に引っかかって、

そこから冷蔵庫が動かない。

持ち上げてみようとも

当然、持ち上がらない。

力づくでもういちど押すも

やっぱりどうにも戻らない。

 

やれやれ、なんてこった。

と、夫をよびつける。

面倒くさそうにやってきた夫は、

やれやれ、なんてこった。

と、すっかり場所を変えてしまった

冷蔵庫を前に

しばし立ち尽くす。

「すっごい埃がとれたわ」

と、私は自分の働きっぷりを報告したあと、

「これ、元の場所にもどして」

と、威張り倒して言い放つ。

 

どうやったんだか、

夫は、どうにかこうにかそれを戻した。

 

 

お風呂の扉を外したときも

元にもどせなくなって

はめ込む作業は夫に委ねた。

「ちょっとこれ、むっちゃ汚れてたの

 掃除しといたからはめといて」

と、威張り倒して言い放った。

 

ふざんけんじゃねーよ。

の憤りの具合は、

もしかすると夫の方が

私より上かもしれないな。

 

 

 

 

イブの朝にも卵のおにぎりを食べる

イブの朝も、

おにぎりと味噌汁の朝ごはん。

どのおにぎりの中にも

やっぱり卵とマヨネーズ。

 

f:id:asanoomusubi:20201224105306j:image

 

いつもと少し違う見た目に

娘は目をぱちくりあけて、

大袈裟なくらいにはしゃぎはじめる。

「ツリーのとこ、もったいなくて食べれない」

なんて言いながら、

ばくばくとたいらげた。

 

ものすごく喜んでいるふうにみせかけて、

実はそれ以上に

私を喜ばせようとしているのかもしれないな。

ここ半年ほどで著しく成長した

娘の横顔をながめながら、

ふいにそんなことを思う。

 

学校が大好きな小学2年生は、

毎朝大きく重いランドセルを背負って、

笑顔で家を出ていく。

玄関で

「がんばってね」

と声をかけると、たいてい

「がんばらなくても楽しいから」

と返ってくる。

そして思い出したかのように、

「おかあさん、しごとがんばってね」

とつけくわえる。

 

いつまでたっても

仕事が大好きになれない私に

少し前に娘がくれたプレゼント。


f:id:asanoomusubi:20201224143745j:image

中には、

私を励まそうと娘がこしらえた

あれやこれやが。

 

大人気ない大人を

子どもは全力で支えようとする。

ありがたくて、うしろめたい。

 

 

我が家のクリスマスパーティーは今週末。

今夜は麻婆豆腐を食べました。

白ネギがないから玉ねぎを入れると、

娘もがっつく甘くて美味しい麻婆になりました。

 

サンタさんがくるからと

めずらしく早くにベッドにもぐりこんだ娘。

もう眠ったのだろうか。。。

 

みなさん、良いクリスマスを✨

 

ママを卒業する

「ママ、ママ」

と甘えた声でくっついてきていた娘が

何を思ったのか、どう思い立ったのか、

半月ほど前から私のことを

「おかあさん」

とよぶようになった。

 

はじめは淋しくて、

気がゆるんだすきに

「ママ」と娘の口からふとこぼれるたび

うひゃひゃっ、と喜んでいたのだけど、

そんなふとも

もうほぼなくなってしまった。

 

 

娘の8歳の誕生日は出社日で

早くに家をでる必要のあった私は、

ひとり先に朝ごはんをたいらげたあとに

娘を起こした。

寝室からのそのそ移動してきた娘と

小部屋からひょこひょこやってきた夫に

味噌汁をよそってから、

マスクをし、いそいそと玄関にむかった。

 

 

「わぁ。ちょっとおとうさんこれみて!

 おかあさん!!

 おにぎりもったいなくて食べれな〜い♡」

と、娘のでれでれした歓声を背中に受け、

その日の仕事の不安を蹴散らした。


f:id:asanoomusubi:20201206031305j:image

 

ママからお母さんに変わっても、

甘えた声もくっつき具合も

スキごはんへの喜びっぷりも

なんにも変わってないんだから、

ちっとも淋しがることなどないんだな。

 

 

平日を乗り越えて

数日遅れの誕生日パーティー


f:id:asanoomusubi:20201206042508j:image

 

夫が買ってきてくれたケーキを囲んで。

 

 

 

それにしても

夫はひとり、いつまで自分のことを

パパ

とよびつづけるんだか┐(´д`)┌

 

夜中に目をさます

はたからみると健康的な早寝早起きで、

たいてい娘と一緒に

22時までにはベッドにはいる。

すんなり眠りにつく日もあれば、

なかなか眠れずに

ぎゅっと目をつむったまま

あとからのこのこやってきた

夫のいびきにさらに眠りが遠のく日もある。

 

すんなり眠りについた日も

どうにか眠りについた日も

夜中にパッと目が覚める。

時計を見るとたいてい1時前。

 

もう少し、せめて

眠りのゴールデンタイムといわれる2時まで

眠れないものかな

と、がっかりする。

 

あきらめて、ついスマホに手をのばし、

娘の欲しがっていたおもちゃや

最近ひどくなっている頭皮湿疹について

ひたすら検索したりする。

これだという答えにたどりつかなくても

そろそろ目と頭と体を休めようと

スマホを置き、目をとじる。

そうしてうつらうつらしてきたり、

やっぱりちっとも眠れなかったり。

やがて4時のアラームが振動し、

やれやれ

とそれを止める。

やれやれ今日もひどく疲れたな、

と。

 

 

この春からずいぶん暮らしが変わったことで

いっときぐっすり眠れるようになっていたのに、

どうしたものか。

 

やっぱり眠るのがへたくそだ。

 

眠れないと疲れがとれないし、

眠れないことでひどく疲れる。

 

週に1回くらい

たいてい日曜日の夜とかに

ぐっすり眠れる日があって、

目覚めたときの達成感ときたら。

キッチンに向かう足どりも軽やか。

 

毎日軽やかでいたい。

上手に眠れるようになりたいものだなぁ。

休みの終わりをやり過ごす

3連休最終日は、

るんるん鼻歌を歌いながら小麦粉をこねて、

ブランチにピザをつくった。

 

昼下がり、

明日は朝イチから遠方で仕事だからと

出張の荷物を抱えて

夫が出て行った。

 

連日かんかん照りだったお日様の下

干して3日目の大根が


f:id:asanoomusubi:20201123144927j:image

もう一踏ん張り

ってところで、

空模様が変わってきた。

 

くもり空に引きずられるように

ちょっとばかり気分もふさがってゆく。

 

連休の最終日は

いつも妙な淋しさと心残りと

小さな不安がむくむくとやどる。

 

やり過ごしてたら勝手に消えてゆく

どうってことのない

取るに足りない

おかしな感覚。

 

子どもの頃は

どうってことなくなんてなかったな。

 

 

 

金曜日に録画したドラえもんを観ながら

娘がすすり泣いている。

きっと終わったあとには

けろっと笑いながら

今日の夜ごはんは〜?

ときいてくる。

 

夫が不在の今日は、

娘とふたりの夜ごはん。

いつも以上に手をぬいて、

気楽で楽しくて愉快で

心もとない

連休最終日の夜ごはん。