asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

ねぎを刻む

若い頃、「ねぎを刻む」という

江國香織の短編小説が好きだった。

ふとおしよせてくる孤独な夜に、

こまかくこまかくねぎを刻む話。

泣きながら、一心不乱にねぎを刻む。

 

日曜日、新タマネギを切りながら泣けてきた。

目にしみたわけではなく、

哀しかったわけでもなく、

孤独がおしよせてきたわけでもないのに。

泣きながら、切った新タマネギを鍋に放り込み、

味噌汁をつくっていると、

熱をだして寝こんでいた娘が

のそのそとやってきた。

娘は不思議そうに私をみて、

「ママなんで泣いてるの?」

ときいてくる。

「あぁ、玉ネギ切っててん」

「目にしみたん?」

「そうそう」

「。。。ねぇ、しんどいのなおったよ」

………

 

強いなぁ、娘。

そして優しい。。。

まだ熱っぽい顔してるくせに。

 

私はここのところ続いていた

ひどいめまいは減ってきたけど、

ずっと船酔いしてるみたいに気分がわるい。

そのくせ、食べるとちょっと元気になる。

 

家でも会社でも帰り道でも、

突如、体力の限界を感じ、うずくまりたくなる。

能力もなければ体力もない、

なんにもないなぁ、、、と

途方に暮れていたら泣けてきた。

 

大好きな新タマネギの味噌汁に、

さらにどっさり刻んだねぎを入れる。

ねぎまみれの味噌汁。

ズボラな私は細かくは刻めない。

一心不乱にもなれやしない。

もやもやもやもや抜け道をさがしながら、

新玉ネギを切り、ねぎを刻む。

刻みながらも、さがしつづける。

刻んで、さがして、刻んで、さがして、

 

つきさす。

f:id:asanoomusubi:20190423150704j:image

根っこの部分を

ベランダにテキトウに置かれたプランターに、

ガバッとつきさす。

 

あまりにもテキトウすぎやしないか。

どうしてうちの土はこんなに小石がまざっているのか。

それでもやがて、

にょきにょきにょきっとのびてくる。

もっともっとのびてくる。

 

そのうち、抜け道もみつかるだろう。

 

失われたように思える体力も、

38年間みつけられなかった能力も、

にょきにょきにょきっと芽をだして

やがてのびてくるかもしれない。

 

月曜の朝、微熱で登校させる

子どもの頃、よく熱をだしていた私は、

友だちに手をひかれ保健室に行くことが多かった。

「あら、また熱があるのに学校きちゃったの?

 こまったわね」

と、保険の先生は苦い顔をして、

母の職場に電話をするのだった。

 

職場から1時間の道のりを舞い戻ってきた母は、

先生に謝罪してから、

保健室のベッドに横たわる私をのぞきにくる。

昼間に母に会えることが嬉しくて

私は笑みをこぼすのだけど、

母の全身にはりついた疲労と困惑に、

すーっとそれは消えていき、

「ごめんなさい」にすりかわる。

 

ごめんなさい。

迷惑かけてごめんなさい。

お仕事たいへんなのにごめんなさい。

一生懸命元気なふりしたんだけど、

だいじょうぶだって先生にも言ったんだけど、

また迎えにこさせちゃってごめんなさい。

 

帰り道、熱があるくせに食欲のあることも多くて、

商店街の端のたこ焼き屋さんで、

母はたこ焼きを買ってくれるだった。

「あら、また早退してきたの?」

と、たこ焼きやさんのおばちゃんに笑われて、

母は明るくおちゃらけながら返事をする。

 

週末に熱をだし寝込んだ娘、

月曜の朝にはおでこの熱さも落ち着く。

いちおう熱をはかってみると、37.1℃…

微妙。。。

保育園なら迷わず連れて行っていたけど、

まだ慣れない小学1年生、どうしたものか。

仕事わんさかたまってるし、

火曜日にはPTAでまた仕事に穴をあける……

どうしたものか、

と、短い時間に脳内であたふた考える。

とりあえず、いつもと同じように朝ごはんの席に。

いつものおにぎりを

凍ったままのパンに苺ジャムをぬったものに変えると、

「おいしい〜」

と、ぱくつく娘。

 

登校確定。

 

今週からスタートの給食、

気分が悪かったら食べなくていいからね、

連絡帳に書いておこっか…

と心配していると、

「だいじょうぶやって言ってるやん」

と娘は、いつもより少し覚束ない声で

ボソリと言う。

 

・・・

 

うしろめたい気持ちをはりつかせ、

会社に行くと、

金曜日も学校行事で休んだため

やっぱり雑務はたまっていて、

さらにつぎつぎと降りそそぐ(ように感じてしまう)。

うしろめたさを忘れ、奮闘する。

 

・・・

 

夜、すっかり元気になっていた娘は、

はじめての学校給食のおいしさを

それはそれは興奮気味に語る。

 

3週間つくりつづけた愛情弁当は、

あっというまに給食に惨敗^^

くやしいような、淋しいような、

でも、ものすご〜く心強いような。

 

 

作り置きを投げ出し、すっぴんのまま選挙に行く

昨日、娘が熱をだし、

私もまだくらくらしていたので、

一日中ふたりで寝そべっていました。

せかせか作り置きをすることを放棄した日曜日、

いつも騒がしい娘はよく眠っていて、

静かにゆったりと流れていく時間。

 

夕方、すっぴんのまま、

ささっと選挙に行ってきました。

 

育休が明けて仕事復帰してから5年。

ずっと、平日を乗り越える自信がなくて、

作り置き、作り置きって、

いつも追い立てられるようにキッチンに立っていたな。

もういいや。。。

 

今朝、夫がまだ眠っている娘をのぞきこみ、

「だいじょうぶ?」

ときいてきたので、

「どうやろね。熱はさがってそうやけど。

 仕事やすめる?」

ときいてみました。

「やすめない」

と。

だよね。。。

 

私も会社にわんさか雑務を放置したまま

金曜日は参観日で休んで、

明日もPTAの集まりなんだよね。。。

(すみません、役員決めは明日でした^^;

 今のところただの学級委員です)

 

なんだかなぁ、、、と思いながらも、

せっせせっせとおむすびをにぎり、

たっぷりの朝晩の味噌汁をつくる月曜日の朝。

 

私のおむすびは、

今朝もマヨ卵をしのばせて、

豪快にぬか漬をはりつかせています。


f:id:asanoomusubi:20190422053153j:image

 

 

食欲に生かされる

スイッチボタンをおすだけで

こんなまのぬけた食パンをやけるのはf:id:asanoomusubi:20190420111458j:image

私だけなのでは。。。

 

上からみてもこんなに愛らしい。
f:id:asanoomusubi:20190420111528j:image

美味しいんだなぁ、これが。

 

昨日めまいがひどく、

ふらふらしながら

ワイシャツ3枚にアイロンをあてたところで

あと1枚がどうしてもできず、

断念しました。

ソファーに横たわり、途方に暮れる。

 

あっちこっち散乱しているけど、

今日はなにもできやしないな、

と腹をくくる。

 

それにしても

こんなにふらふらして、

こんなに気持ち悪いのに、

どうして食べだしたら

おいしくたいらげられちゃうんだろう。

 

いつもと同じオムライスをどうにかつくり、

ガッつく娘の隣りでまっすぐ座れずに

おかしな姿勢でたいらげる。

 

産むまでつづいた悪阻も

食べづわりだったし、

去年インフルエンザにかかったときも

マスクしてクリームコロッケをつくって

食べてたなぁ。

 

どんだけ食いしん坊なんだか。

私は食欲に生かされている。

 

昼下り、少しもちなおしたので、

お菓子と水筒をもって近所の公園へ。

ビスコハッピーターンってやけにおいしい。

ぱくぱく食べたあと、

夫と娘が遊ぶ姿をみながら

ひとり日向ぼっこ。


f:id:asanoomusubi:20190421030039j:image

ぽかぽか陽気が気持ちよくて、

娘のはしゃぐ声が心地よくて、

あぁ、満ち足りてるんだよなぁ

とすら思うのに、

どうなってるんだろ、私の体。

 

ほんの30分ほどで満足した娘は、

「帰ったらバナナアイスちょうだいな」

と駆け寄ってきました。

「あ、あとクルミとレーズンも」

 

どんだけ食いしん坊なんだか^^

 

夜、私だけソファーに寝転がった状態で

3人でセブンブリッジをしていると、

インターフォンがなる。

荷物が届き、夫と娘が受け取ってくれる。

 

少し前に注文していた

どっさり胡桃が届きました。

PTA 夫に協力を要請する

キリキリしながら夫にまくしたてていると、

娘が背中をさすりにきてくれた。

「がんばれ」と。

 

もうがんばってるわ。

これ以上がんばらせないでよ。

 

……と、きぃーっとなりかけたところで、

さすられた背中が心地よく、

平常心をとりもどす。

 

だいじょうぶ。

がんばろう。。。

 

保育園の卒園係が終わったと思ったら、

今度は小学校のPTA委員に選ばれた。

どちらもクジで。

保育園のときは貴重な土日が奪われる、と

キィキィしたものだけど、

今回は、こんな平日に集まれって言われても

そんなに簡単に仕事休めないわ、と

イライラする。

 

活動内容に目を通してもちんぷんかんぷんで

どれひとつとして、できる気がしない。

え?こんなことまで!?と思ってしまったり、

必要性がピンとこないものも多々ある私は、

きっと理解力が乏しすぎるのだろう。。。

 

「ねぇ、PTAって母親がやるもんって思いこんでない?」

と、夫に言う。

「私にはこれをやる能力がたりない。

 やりたくないんじゃなくて、

 いや、やりたくないんだけど、

 それだけじゃなくてやるだけの体力と能力がないの。

 頭も体もまわらないの」

と、まくしたてる。

「傍観してないで、一緒にやってくれる?」

と、言い放つと、

「うん」

夫はスマホから目をはなさずに

ハイボールを飲みながら返事をした。

 

うん。

 

いつも返事をしない夫が確かに返事を。

 

「これ読んでおいてね」

と、活動内容の資料を夫に手渡すと、

「ん」。。。

 

「よかった〜。

 パパがたすけてくれるって。

 これでなんとかなるわ」

 

折り紙を大量にひろげて

なにやら夢中で創作にはげんでいた娘が

またその手をとめて

「よかったね〜」と抱きつきにくる。

 

子どもの前で大人気ないけど、

はじめて家族会議をしたような。

 

きっと私は、

不安を夫と分かち合いたかったのだ。

 

夜、すんなり眠りにつけました^^

 

 

娘の手紙で反省する

公共のトイレに

『きれいに使っていただきありがとうございます』

なんて貼り紙をみると、

うんうん、もちろんきれいに使いますとも

って気持ちにさらになるわけだけど。。。

 

娘からもらった手紙。
f:id:asanoomusubi:20190418205836j:image

『いつもやさしくてすごくうれしいよ』

なんて書かれてしまうと

・・・・・

 

ごめんね。

いつもキーキー怒りすぎだよね、私……

と、反省する。。。

 

小1の涙 お弁当でエールをおくる

まだ教科書は少ないから、

あいたスペースに

学童のお弁当と水筒も詰め込む。。。

 

娘のランドセルがあまりにも重いから、

こっそり背負ってみたら、

背中と肩にきゅっとはりついて

なんとな〜く気持ちがいい。

 

でも娘が背負うと

やっぱりずいぶん重たそう。。。

 

昨日のお弁当。

f:id:asanoomusubi:20190417061948j:image

 

いよいよ来週から給食です。

明日は参観と懇談会のあと一緒に帰宅、

私が仕事を休むため学童もお休みなので、

娘のお弁当生活も今日で最後です。

 

ここ数日、朝、家を出る前に

娘はしくしく…ぎゃーぎゃー泣きだします。

理由をきいてもはっきりとはこたえてくれず。

でも、お弁当の写真をみせると

涙はピタッととまり、

みるみるうちに笑顔がひろがります。

食いしん坊の娘の強いお守り。

 
朝から晩まで12時間弱も家をはなれて

小さなからだで頑張ってくる娘に

私がおくれるエールはお弁当だけだったけど。。。

 

また、夏休みにね。