asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

夜中に目をさます

はたからみると健康的な早寝早起きで、

たいてい娘と一緒に

22時までにはベッドにはいる。

すんなり眠りにつく日もあれば、

なかなか眠れずに

ぎゅっと目をつむったまま

あとからのこのこやってきた

夫のいびきにさらに眠りが遠のく日もある。

 

すんなり眠りについた日も

どうにか眠りについた日も

夜中にパッと目が覚める。

時計を見るとたいてい1時前。

 

もう少し、せめて

眠りのゴールデンタイムといわれる2時まで

眠れないものかな

と、がっかりする。

 

あきらめて、ついスマホに手をのばし、

娘の欲しがっていたおもちゃや

最近ひどくなっている頭皮湿疹について

ひたすら検索したりする。

これだという答えにたどりつかなくても

そろそろ目と頭と体を休めようと

スマホを置き、目をとじる。

そうしてうつらうつらしてきたり、

やっぱりちっとも眠れなかったり。

やがて4時のアラームが振動し、

やれやれ

とそれを止める。

やれやれ今日もひどく疲れたな、

と。

 

 

この春からずいぶん暮らしが変わったことで

いっときぐっすり眠れるようになっていたのに、

どうしたものか。

 

やっぱり眠るのがへたくそだ。

 

眠れないと疲れがとれないし、

眠れないことでひどく疲れる。

 

週に1回くらい

たいてい日曜日の夜とかに

ぐっすり眠れる日があって、

目覚めたときの達成感ときたら。

キッチンに向かう足どりも軽やか。

 

毎日軽やかでいたい。

上手に眠れるようになりたいものだなぁ。

休みの終わりをやり過ごす

3連休最終日は、

るんるん鼻歌を歌いながら小麦粉をこねて、

ブランチにピザをつくった。

 

昼下がり、

明日は朝イチから遠方で仕事だからと

出張の荷物を抱えて

夫が出て行った。

 

連日かんかん照りだったお日様の下

干して3日目の大根が


f:id:asanoomusubi:20201123144927j:image

もう一踏ん張り

ってところで、

空模様が変わってきた。

 

くもり空に引きずられるように

ちょっとばかり気分もふさがってゆく。

 

連休の最終日は

いつも妙な淋しさと心残りと

小さな不安がむくむくとやどる。

 

やり過ごしてたら勝手に消えてゆく

どうってことのない

取るに足りない

おかしな感覚。

 

子どもの頃は

どうってことなくなんてなかったな。

 

 

 

金曜日に録画したドラえもんを観ながら

娘がすすり泣いている。

きっと終わったあとには

けろっと笑いながら

今日の夜ごはんは〜?

ときいてくる。

 

夫が不在の今日は、

娘とふたりの夜ごはん。

いつも以上に手をぬいて、

気楽で楽しくて愉快で

心もとない

連休最終日の夜ごはん。

クリスマスをかざる

昨日はうちの中を

クリスマスモードに。


f:id:asanoomusubi:20201122070638j:image

 

私好みのシンプルなツリーに、

DAISOに売っていた

きらきらしたあれやこれやを買ってきて

飾りたいのだと

娘がはりきっている。

 

どんどん娘好みに

がやがやしていくんだろうな。

 

 

昨日干して少し縮れてきた大根を

今日もベランダに干して、


f:id:asanoomusubi:20201122071452j:image

 

しっかり感染対策をして、今日は

DAISOやら文具店やら電気屋さんやらを

ちゃっちゃかまわる日。

お昼ごはんみたいな朝ごはんと朝ごはんみたいなお昼ごはんを楽しむ

先週ベランダで干した大根は、

ざる一面分が3日間ほどで

ずいぶんと縮こまった。


f:id:asanoomusubi:20201121102322j:image

 

人参でずいぶんかさ増しして、

炒め煮にして、

3日分ほどの副菜になった。


f:id:asanoomusubi:20201121102434j:image

今日は娘が午前中だけの登校日だから、

いつもとおなじ時間の朝ごはん。

朝っぱらからチャーハンを炒め、

ホームベーカリーのセットをしたあと、

6時半、家族でチャーハンをたいらげる。

 

そしてまた

大根をベランダに干し、

娘を送り出す。

 

お昼ごはんは

ホームベーカリーで焼き上がるパンと

ウィンナーと目玉焼きとサラダ。

お昼前に帰宅する娘は、

焼き立てのパンのにおいに

きっとまた鼻をくんくんさせてニヤリとする。

 

お昼ごはんみたいな朝ごはんと

朝ごはんみたいなお昼ごはんが、

楽しくもある

ぽかぽか陽気の土曜日。

 

 

 

ケロッと様変わりする

休日のはじまり。

 

平日を乗り越えてきたキッチンに

朝日が差し込み、

その佇まいにふと立ち尽くす。


f:id:asanoomusubi:20201114071927j:image

お手入れを怠っている調理器具が

がやがやしている。

 

でもなんとなく、いい光景に思える朝。

 

 

週明けに憂鬱な仕事をひかえていて

昨夜ぶつくさ不安を口にすると、

「今からそんな心配してたら

 せっかくのお休みがもったいないでしょ」

と娘にたしなめられた。

半月ほど前に

インフルエンザの予防接種をこわがって

ぶつくさ言い続ける娘に

私が放ったことばそのまんま。

「まったくそのとおりやね」

とニヤッと返すと、娘もまたニヤッと笑う。

 

去年までは違う地に住んでいて、

前の場所での予防接種は平気だったけど、

こっちの予防接種はひどく痛いかもしれない

なんて、おかしな心配をしていた娘も、

1回目の接種を終えたらケロッと様変わり、

来月頭にひかえてる2回目への不安は

もうまったく口にしない。

 

私もまた、

こっちの職場は前の地での職場より

心もとなく感じたりもしているのだけど、

(本当に心もとないのは自分の能力なのだけど…)

週明けの夜には

ケロッと様変わりしているかもしれないな。

 

 

気持ちのいい晴天。

しまっていた羽毛布団をとりだして、

お日様に当てる。

今夜から羽毛布団をかぶって眠るのだ。

 

 

 

 

 

この秋はじめての秋刀魚をたべる

昨日この秋はじめて秋刀魚を買った。

娘はいらないと言うので、

夫と私の分だけグリルで焼く。

塩麹に漬けて常備している豆腐は、

娘はぜったいいらないと言うし、

夫は薬のように無言ではじめに飲み込むので、

私の分だけ。

 

グリルの上の秋刀魚と豆腐が

なんだかいい感じにみえてきて、

写真を撮ったのだけど、

あとで見返してみると、

ひどく不格好。


f:id:asanoomusubi:20201108082459j:image

 

大根は鬼おろしで。

f:id:asanoomusubi:20201108082733j:image

夫がハイボール用の氷をとりにきて、

スマホを鬼おろしに向けていることが

恥ずかしくなる。

同時にかすかな苛立ちをおぼえ、

チッと舌打ちをする。

 

スマホでちゃちゃっと撮る写真は、

その場で見返したり、撮り直したりはしない。

時間をおいて見てみると、

ひどくブレているうえ

記憶のなかの光景と

ずいぶん違うものがそこにあり、

唖然とする。

 

 

味噌汁をつくり、

雑穀ごはんを圧力鍋で炊き、

サラダに鶏ハムとゆで卵をのせる。

温泉卵に納豆をならべる。

最後にジャガイモを切って、

たっぷりのフライドポテトを。

 

ある秋のおわりの夕ごはん。

 

食べながら、

肉好き脂好きの娘が

肉好き脂好きの夫に言う。

「今日脂っこい四角いお肉も買ってたよ。

 あと、ムネじゃない方の鶏も」

スペアリブと鶏もも肉

 

 

さて今夜は、

スペアリブを煮込むか

鶏を唐揚げにするか。。。

ブログからはなれてゆく

たとえば

半年以上前からおかしな音をたて

けっこうな頻度で

脱水のときに止まっていた洗濯機を

買い替えたこととか、

たとえば

季節外れのピーマンを買い

たぶん今年最後になる

ピーマンの肉詰めをつくったこととか、

たとえば

コロナ禍で越してきて

遠慮がちにしか話せなかったご近所さんと

スーパーの帰り道で

少しながめの立ち話をしたことが

嬉しくてるんるん帰ったこととか。

たとえば

ハロウィンの日に食べたかぼちゃが

ほくほくしてて栗みたいで

やたら美味しくて

得をした気分になったこととか。

 

そんな、だれにとってもどうでもいいような

他愛もないあれやこれやを

ブログにしたためるのが好きでした。

 

近ごろは、あれもこれも

ちっとも言葉にならなくて、

このままここからはなれていくのかなぁ、

なんだかそれは淋しいなぁ、

なんて、ぼんやり考えたり。。。

 

 

1日有休をとっての4連休は、

ゆっくりと自堕落に過ぎていった。

連休明けはいつも少しそわそわする。