asaの足あと

何気ない暮らしと、その中で、日々こぼれ落ちるささやかな幸せと小さな痛みをそっと静かに残すように、このブログをしたためています。

お守りみたいに心に刻む

娘がものすごい勢いで

セロテープを消費している。

 

ダンボールがいるのだと、

お酒は次いつ届くのか

夫に問い詰める。

 

心配しなくても、

夫のお酒は頻繁に届く。

 

ダンボールを切る音と

セロテープを切る音が、

リビングになり響く。

 

階段をつくっているらしい。

 

2階建ての家をつくるのだと、

ちょきちょき切っては

ぺたぺた貼っている。

 

平和な週末。

 

なのに、体はだるいったらない。

だるさをふりはらうように、

キッチンの流しとコンロの下を整理する。

 

娘が階段作りの手をとめ、

「ママ、大すきー」

と、上機嫌をふりまきにくる。

 

娘は、私の疲労や不機嫌を察知すると、

「ママ大好き」と

呪文のように言い放つ。

頭のいい子だ、

性格までいいのではないか、

と、私は親バカになる。

 

それと同時に、

いつまでこの呪文をとなえてくれるのかと

少し不安にもなる。

まだ小1の我が子に

顔色をうかがわせてしまっている私は

あまりにも未熟で不様だ。

娘の目がどんどん肥えていく前に、

自分の機嫌くらい自分でとれる

ちゃんとした大人にならないと。

 

気になっていた

流しとコンロの下がきれいになると、

ずいぶんだるさは和らいでいた。

 

掃除っていうのは

面倒でたまらなくって、

たぶん一生得意にはなれないけど、

部屋も頭も体もきれいにする。

 

 

佐野洋子のエッセイがおもしろくて、

ちまちまちまちまと読んでいる。

おもしろいのに、

1日数ページ(日によっては数行)しか進まない。

たぶん時間がたりないからだけじゃない。

むかしから読書も苦手だった。

 

ちっとも進まないくせに、

やたらぐっとくる。

 

私達は子供のことばかり話していた。

いろんな大人のなり方がある。という事に私達は何年かがかりで納得するようになった。教育を受けるという事と成長するという事が別なことだという事もわかりかけて来た。

「でもいいの」 佐野洋子

 

いつかもしかするとこの言葉に

救われる日がくるんじゃないかと、

お守りみたいに心に刻んだ。

 


 

 

さて、今日1日仕事に行けばまた休み♪

セロテープを買いに行かないと。

f:id:asanoomusubi:20191021042932j:image

いや、ガムテープだわ。。。

将来の骨粗鬆症予防にと……無月経にカウフマン療法を継続する

とりもどしたいのは、

私の場合、生理ではなくて、

今よりずっと元気な体なのだった。

 

生理がとまって2年。

20代の頃にはもっともっと長いあいだ

自然にはこないときがあったので、

そういう体質なのかなぁと

ぼんやりとやり過ごしていた。

 

だけど、日常生活において

どうにもにわかに不都合な体調に、

原因や解決策をさぐりつづけたとき、

やっぱり本来くるはずのものがこないことと

向き合ってみるべきなのかも

と、重い腰をあげて

夏に婦人科に行ったのだった。

 

血液検査の結果、

女性ホルモンとよばれるものがでていないとのことで、

ホルモン剤を飲む治療を勧められた。

 

エストラジオール血清・プロゲステロンが閉経期の値)

 

このままでは将来骨がスカスカになる、と。

「いやいや、将来も大事だけどまずは今、

 だるいのとか、ふらふらするのとか、

 冷えすぎるのとか、重くるしいのとか、

 今この不調から救ってくださいよ」

と言いたいところを、

医師のおだやかな微笑に負けて、

「この治療によって、

 今の不調からもぬけだせますか?」

と、やんわりと変換させて

すがるようにきいた。

「その可能性もなくはありません」

やんわりした質問には

さらにやんわりとした答えが返ってきて、

苦笑する。

 

実施したのは、

「カウフマン療法」という治療。

ホルモン剤を使用し、正常の月経周期のようなホルモン状態と環境を体につくり、周期的に月経に似た出血を起こす。

数周期続けることで、ホルモンバランスを整え、その後の跳ね返り現象によって無排卵気味であった卵巣が働き出すことを期待する治療法

処方された薬は、ジュリナ錠とデュファストン錠。

ジュリナ錠を21日間、

最後の10日間はあわせてデュファストン錠も

朝晩に飲む。

飲み終わって数日後に生理のような出血がある。

 

出血がおこったら受診して、

また次の周期分の薬をだしてもらう。

これを3周期行った。

 

毎回薬を飲み終わった数日後には

しっかり出血があるもんだから、

あらやっぱり面倒だわね~(≧▽≦)

なんて、心の中で

ちょっとばかり大変ぶってみたりしながら

すっかり生理をとりもどした気でいた。

 

そして、3周期を終えて

ひと息ついた先日、

ホルモンの数値があがっているかどうか

また血液検査をしてもらった。

 

結果、

数値はちっとも変わっておらず・・・。

 

一見おだやかな医師の口もとは、

あいかわらずそっと微笑を浮かべていて、

私もまたおだやかに

「ええー、ショックです」

と小さく悲痛を漏らしてから

微笑み返した。

 

「将来の骨のために、

 骨粗鬆症の予防のために、

 もうしばらくこの療法を

 つづけることをお勧めします」

おだやかに医師は言い、

おだやかに私は頷く。

 

いつから私はこんなにも

おだやかで素直な大人になったんだっけか。

 

いろいろ思うところはあるものの、

とりあえず、

おだやかな顔の医師の勧めにゆだねて、

もうしばらく続けてみようか。。。

 

生理がこない、と問診票にかく - asaの足あと生理がこない、と問診票にかく - asaの足あと

 

 

 

ホルモン剤は太るという噂を目や耳にしたことがあるけれど、3周期のんだ今のところ、たぶん体重の増加はありません。(計量が苦手なので体重計にはあまりのってないけど^^;)

多少増加しているとしても、私の場合は薬のせいじゃなく、胡桃と自家製マヨネーズの食べすぎです^^

パンの如く凛とする

凛とした食パン。

f:id:asanoomusubi:20191014182947j:image

前日に娘とつくった

お日様みたいなきらきら星 と。

頭が重くて寝っ転がって折ったのだった。

 

3連休、心はざわついていたって、

ホームベーカリーでつくる食パンは、

いつもと同じように美味しくて、

いつもと同じ朝にじんとした。

 

 

私もこの食パンのように、

凛としていよう。

 

中身はあらあらで

あなボコだらけであっても。。。

 


f:id:asanoomusubi:20191014202102j:image

(別の日の写真だけど、切ったら同じ感じ…)

 

 

パン祭り【第33回(ホームベーカリー)パンサークル】後編 - ズボラ主婦の覚書

 

 

見失ったものをさがす

佐野洋子のエッセイをはじめて読んだ。

 

 

絵(北村裕花)とともに

軽やかに紡がれた言葉に、

うんうん、ふむふむ、ぷぷぷっ

と、共感したり納得したり

ほくそ笑んだり、

愉快な気持ちになって

ページをめくった。

 

9つ目の「あとがき」とされる章では

あんまり大切に思っていなかった友だち

のお見舞いに行っていた。

時々は、つきあっているのは時間の無駄だと思ってさえいた

友だちの。

 

 

 

あぁ………

と思った。

 

 

立派な尊敬にあたいする

友人だけを持っていたら、

私はなんと

貧しい土に生きている

生き物だっただろう。

 

あぁたしかに……

と思った。

 

二人で過ごしたおびただしい

無駄な時間の流れ、

その無駄を吸い上げて、

私たちは生きてきた。

 

なぜだか

懐かしい気持ちがこみあげた。

 

 

私は無駄なものが好きだった。

 

すぐには

役に立ちそうもないものや、

何に使ったらよいか

分からないものが好きだった。

 

能率や、成績や進歩に

直接かかわらないものが

好きだった。

それがいちばん

大切なものだったのだ。

 

いつからなのか、

ずいぶんむかしのような。

無駄なものを

毛嫌いするようになった。

効率ばかり考えては、

頭の中でより無駄をなくすための

とんちんかんな計算をする。

根っから計算の苦手な私は、

当然、計算間違いをくりかえす。

 

いま、きっと私は

とうのむかしに見失った

大切なものをさがすことに、

少しばかりじたばたしている。

 

 

 

寝不足の朝もうはうはする

気持ちのいい週明けだった。

朝、娘を登校友達との待ち合わせ場所までおくって、

子どもたちやそのお母さんと

ちょこっとお喋りしてから、駅へ向かう。

1本目の電車の中では

優雅にすわってスマホをみて、

2本目の電車の中では

ぎゅうぎゅうづめに体をゆだね

ただただぼーっとする。

 

会社につくと、

同僚がハロウィンのお菓子と

可愛い来年の卓上カレンダーを

プレゼントしてくれ。

 

向いでぶつぶつつぶやきながら

ため息ばかりついている若造に、

「うるさいがな」と苦情を言いがてら

くだらない会話をして。

 

お昼には自席で、

いつもと同じお弁当を

なんだってこんなに美味しいんだろう

と、ほくほくしながら頬張る。

 

苦手な細かい業務にあきあきして

おなかはいっぱいなのに

チョコレートをかじっていると、

またべつの同僚から

でっかい大福がとどく。

ひとつどうぞ〜 とくれたそれは、

やたらめったら大きくて、

やたらめったらおいしかった。

 

18時ぴったりに会社をでて、

19時前に学童にかけこむと、

先生によばれた娘が

はにかんだ顔ででてくる。

 

夜の歩道橋のうえ、

娘と手をつないで鼻唄をうたった。

 

家にたどりつくと、

猛スピードで夜ごはんの準備をする。

いつもここで頭がくらくら

ふらふらするのだけど、

テーブルにつき、味噌汁を口にいれると

ちょっと落ち着く。

ため息ともいえる深呼吸をする。

 

あと片付けをしながら

娘の宿題の音読をききながし、

濡れた手をささっとふいて、サインをする。

翌朝の準備を整えてから、

お風呂にはいり、湯船のなかで

ふと、半年ぶりくらいに

あいうべ体操をする。

「へんなかおー」と娘がけたけた笑う。

 

いくつもの優しさと適度な疲労

満ち足りた月曜日だったのだ。

 

それなのに、なぜなのか…(・・?

やっぱり平日になると

うまく眠れやしない。

 

へんなからだ。

 

 

寝不足気味の朝も、あいもかわらず、

卵と糠漬けと自家製マヨネーズをいれ、

おにぎりをつくる。


f:id:asanoomusubi:20191008061202j:image

 

うはうはする。

 

 

酔っ払いパンを焼き上げる

ホームベーカリーで焼く食パンには、

いつもほんの少し酒粕をいれている。

我が家で焼き上がるパンがやたら

ぼこぼことびでているのは、

もしやパン生地が酔っぱらってるから??

 

とふと思い、それならば

もっともっと酔いやがれ、と、

いつもより多めの酒粕を入れてみた。

 

すると、あれ?

 

今朝の食パンは、やけに優等生。

 

f:id:asanoomusubi:20191005145932j:image

シンプルな食パンと

自家製マヨネーズを待ちわびる瓶。

 

ところが、

切ってみると………


f:id:asanoomusubi:20191005150124j:image

穴ボコだらけ。

 

やっぱり酔っ払いでした^^

 

キメのあら〜い酔っ払い食パン、

これはこれで、美味しいんだなぁ。

 

パン祭り【第32回(ホームベーカリー)パンサークル】前編 - ズボラ主婦の覚書

 

 

さてさて3回目の自家製マヨネーズは、

分量はからずにテキトウに。

計量スプーンも計量カップもつかわずに、

慣れた手つきで材料を放り込む。

わくわくしながら

ブレンダーをまわしたところ、

 

大失敗。

 

かたまらず、いつまでたってもさっらさら。

粉チーズをぶちこんで

どうにかマヨ風ソースに。


f:id:asanoomusubi:20191005150405j:image

 

やっぱりまだ

ある程度の計量は必要かな。。。

 

 

かんぺきなこどもをみつける

小学1年生もすっかり板についた娘、

毎晩あれやこれやと忙しそうで、

寝る前に一緒に絵本をめくる日が

少なくなってきました。

 

一昨日ひさしぶりに肩をならべて読んだのは、

図書館で私が選んで借りてきた絵本。

 

ぷぷぷっと笑うと、

本当は違うのを読んでほしかった娘も

くくくっと笑う。

 

 

娘は「かんぺきなこども」だと思う。

 

姿勢はわるいし、行儀もわるい。

食べるときはぼろぼろこぼすし、

あれが欲しいこれがしたいと

次から次へとねだってくるし、

せっかくアイロンがけした給食セットも

ぐっちゃぐちゃにランドセルに押し込む。

油性マジックで絵を描いては机を汚すし、

毎日毎日散らかし放題で、

そりゃもうイライラするのだけど。

 

それでも、

かんぺきなおとなとは程遠い

穴ボコだらけの私のことも

まっすぐに愛してくれる娘は、

優しくて、あったかくて、

どう考えたってやっぱり

かんぺきなこどもなのだ。