幸せ朝じかん〜暮らしと心、眠りと体をととのえる〜

昨年の春から秋にかけて、半年ほど続いた原因不明の体調不良から抜け出し、何気ない暮らしに幸せを感じる毎日。せっかくだから、そんなささやかな日々をつづります。そして、まだまだぐっすり眠れるようになりたいし、もっともっと元気になりたい!このブログとともに、眠りと体と心を整えていきます。

通勤電車で睡魔とたたかう

平日の夜はぐっすり眠れない。
22時半ごろまでにふとんに入って、
明日のためにと、目をつむるのだけど、
どうも寝つきが悪いうえ、夜中に何度も目が覚める。
 
金曜日の夜も眠れなくて、
日曜日の夜はぐっすり眠れたりするわけだから、
どうも仕事に行くのがいやで
不眠になってるわけではないようで。
(仕事への迷いやモヤモヤはぬぐいきれないけど、
それはまた別の話なのかと・・・
いや、まさか、おおいに関係ある?んんん・・・)
 
これって、日中の過ごし方が悪いのだろうか。
PCに向かってる時間が長すぎるから?
もしやPCから発せられる
電磁波のアレルギーか何かだったり。
だったらスマホでもなりそうなもんだけど・・・
 
なんて、いろいろ考えてみるものの、
こたえはみつからないまま、
眠り下手はつづいています。
 
とはいえ、昨年みたいに、
ほぼ一睡もできなかったわ
なんて日はほとんどなくて、
なんだかんだで眠れていて。
 
朝スッキリとはしていないけれど、
4時のアラームをとめて起き上がり、
ブログをみたり、書いたり、UPしたり、
窓をあけて早朝の空気をすいこみ、
朝ごはんとお弁当の準備をする頃には、
なんだかすがすがしい気分に
なっていたりするのです。
 
弁当箱に作り置きおかずを放り込みながら、
ついでに口にも放り込んで、
味噌汁をつくりながら、
何口も何口も味見をして。
家族で食べる朝ごはん前の、
私だけのこっそり朝ごはん。
 
2度の朝ごはんににんまりして、
鏡の前で口角をあげてから家をでるのだけど、
電車に乗って、進みだしたとたん、
はげしい睡魔に襲われる。
うと うと うと・・・と、し始めた頃に、
乗換駅に到着。
 
呆けた顔で特急列車を待ち、
やってきたその満員の車両にもぐりこむ。
そして、また、うと うと うと・・・
 
ぎゅうぎゅう詰めのその中では、
自力で立たなくても倒れることはなく、
ラッキーと思いながら
人混みに身をゆだねる。
 
だけど、さすがに頭部は自分で支えなくては、
ガックンガックンとなるわけで、
すぐ前にたっているサラリーマンのYシャツに
ゴツンと顔面をぶつけて
「ごめんなさい」。
メイクはccクリームのみだけど、
白いYシャツを汚していないか
ドキドキしながら確認して、
よかった、ついてない、とホッとして、
やがてまた、うと うと うと・・・
 
なんて、はた迷惑な。。。
 
やっぱりどうにか改善しなくては!と、
眠りを整えるための
試行錯誤はつづくのです。