幸せ朝じかん〜暮らしと心、眠りと体をととのえる〜

昨年の春から秋にかけて、半年ほど続いた原因不明の体調不良から抜け出し、何気ない暮らしに幸せを感じる毎日。せっかくだから、そんなささやかな日々をつづります。そして、まだまだぐっすり眠れるようになりたいし、もっともっと元気になりたい!このブログとともに、眠りと体と心を整えていきます。

やかんに火をかける

すぐに不機嫌になる夫、
自分の虫の居所が悪いときには、
娘のちょっとした言動にも苛立ち、
すぐに声を荒げます。
私も人のことは言えないのですが・・・。
 
娘は泣き叫び、
「パパきらい、パパいやだ」と
私のところに訴えにきます。
 
夫の苛立ちは、些細なことで爆発します。
旅先でお天気がわるかったり、
私が体調をくずし身動きがとれなくなったり、
どうにもコントロールし難いようなことにでも。
 
数日前もまた、夫にあたりちらされ、
泣き叫んでいた娘。
やれやれ、と思いながら、
軽くなだめてから、
せかせかとキッチンの後始末をして、
翌日の準備をしていると・・・
 
あれまぁ、
娘がスマホに釘付けの夫にへばりついて、
一緒にのぞきこんでいます。
楽しそうに
「パパ、これなになん?」
なんてきいたりして。
 
さっきの「きらい」はどこへやら。
さっきの「いやだ」はなんだったの。
 
「パパのこと、きらいじゃなかったの?」
ときいてみると、はずかしそうに首をかしげて、
「ママもパパもすき」
とこたえる娘。
そして、また楽しそうに夫にくっつき、
ケラケラケラケラ笑いはじめる。
 
あんなにひどい態度をとられてたのに、
ケロッと忘れて、無邪気に笑えるなんて、
なんという懐の深さ!
 
どんなに疲れているときも、
笑顔と寝顔で、私に元気をくれる娘。
私が、夫に負けず劣らず、
苛立ちをぶつけてしまっても、
いつも許してくれる娘。
覚束ない毎日に不安がよぎっても、
娘だけは「ママ、大好きすぎる」と、
絶対的な愛を注いでくれる。
私にとって、誰よりも信頼できる存在で、
尊敬だってしている。
 
その、私が絶大なる信頼をよせている娘が、
夫のことを「すき」だという。
私がもっとも尊敬する娘が「すき」だという
その人・・・ただのいやなやつ、ではないか。。。
 
困ったさんではあるけれど、
それは、まぁ、お互いさまなわけで。。。
やれやれ。
 
 
今朝も夫のコーヒーを入れるため、
やかんに火をかけます。

f:id:asanoomusubi:20180419044019j:image